忍者ブログ

砂漠の九官鳥

                   私の本棚
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『レトリックの本』 別冊宝島

 まず、前口上が すばらしい。
 やってやるぜ、という意気込みにあふれている。
 こんな感じ。

  ~レトリックは、《修辞学、巧みな表現をする技法》と辞書にあるように、
        一般には言語表現に関する技法だと思われている。

    しかしレトリックは、言葉を飾る技術にとどまるものではない。
    人間の行動の基礎には、レトリックが働いている。

    レトリックはもともと「世界を読むための装置」だった。
    しかしやがて、正確さや実証性が重視される時代になると、
    すべてが情報(おしらせ)にしかならなくなった。

    だが、このような事態が進行すればするほど、
    対抗する批判なり拒否反応なりが生まれてくる。
    レトリックの復権もまた、有力かつ有効な反撃にほかならない。~

 そうして ここから、めくるめくレトリックの世界が展開されるのである。
 それを知れば、「まさしく 人間の精神活動はレトリックそのものである」
 ということが実感できるだろう。

 これ1冊あれば表現の秘密が完璧にわかる。
 ( ― レトリック “49の必殺技” のうち 「誇張法」 ― )  なんちゃって。
 とりあえず残り48の必殺技について知りたければ、この本を読むべきだ。


  別冊宝島 『レトリックの本』 JICC出版局
   1981年 8月25日 初版発行
   1988年 4月  1日 第17刷発行
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
塔童 艶之進
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

× CLOSE

Copyright © 砂漠の九官鳥 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]