忍者ブログ

砂漠の九官鳥

                   私の本棚
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ボクはこんなことを考えている』 大槻ケンヂ

 筋肉少女帯というバンドの
 「日本印度化計画」 という曲は、
 音楽史上 1、2を争うほどの おバカな曲である。
 (もちろん これは ほめているのである。)

 ♪俺にカレーを食わせろぉ~ 俺は いつでも、辛さに こだわるゼェ~♪
 あぁ、なんと内容のない詞なのだろう。

 このバンドで ヴォーカル・作詞を担当しているのが、
 大槻ケンヂ 氏。

  

 こんな詞を書く、こんな歌を歌う、大槻ケンヂとは、如何なる人物か。
 それを知るための恰好の入門書が、
 『ボクはこんなことを考えている』 である。

 オーケンは、本も書く。
 世間には、大槻ケンヂを ヴォーカリストではなく、
 作家先生だと思っている人も多いとか。

 この本の中で、オーケンは おおいに悩み、藻掻いている。

 といっても、別に大きな事件・事故で苦しんでいるわけではない。
 「のほほ~ん」と生きたい と望んでいるのに、 ささいなことに こだわり、
 バカみたいなことを考えながら、悪戦苦闘、試行錯誤、しているのである。

 だが、
 振り返ってみれば、私の行なっていることや 考えていることも、
 他の人にとっては「なんで あんなバカげたことを …」
 というようなことなのだ。

 バカボンパパも大槻氏も言っているように
 「それでいいのだ」。


 角川文庫 『ボクはこんなことを考えている』 大槻ケンヂ 角川書店
 1996年 3月25日 初版発行
 1998年 3月15日 10版発行

 なお、大槻氏の書くエッセイは、どれも面白いが、
 歌詞には深刻なものも多い。(だからこそ、悩める少年少女のカリスマなのだが)
 もしCDを聴く機会があっても、フォースの暗黒面に支配されないように。(ダースベイダーか?)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
塔童 艶之進
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

× CLOSE

Copyright © 砂漠の九官鳥 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]