忍者ブログ

砂漠の九官鳥

                   私の本棚
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「鳥と獣と蝙蝠」

 鳥達と獣達は仲が悪く、いつもケンカをしていた。
 蝙蝠は、鳥達の前では、自分は鳥だと言い、
 獣達の前では、自分は獣だと言っていた。
 やがて、鳥と獣が仲直りをした時、
 蝙蝠は、どちらの仲間にも入れなかった。

 というようなイソップ童話を、子供の頃に聞いた。
 「どっちつかず は よくない」 というような教訓だったと思うが、
 少年(私)は、
 「コウモリは、なんて かわいそうなんだ。」
 と悲しい気持ちになった。
 「なんで、どっちかじゃなくちゃいけないんだろう」 と。

                          

 現在 手持ちの 岩波文庫 『イソップ寓話集』 山本光雄 訳 には、
 「鳥と獣と蝙蝠」 の話は載っていない。

 こちらに載っている蝙蝠の話は、
 「蝙蝠と鼬鼠ども」 で、
  ― 時宜に適した恰好をする人が しばしば危険を脱する ― 
 というオチ(教訓)が ついている。

 イソップ寓話集は、
 シュタインヘーヴェル版、タウンゼント版、シャンブリ版、ペリー版など
 様々なヴァージョンが流布しているそうである。

 子供の頃に聞いた話は、パエドルス系(ラテン語)の話で、
 山本氏が訳したシャンブリ版には含まれていないようだ。

 私の甥っ子は、
 ハンバーグを食べる時には 「オレはハンバーグが世界でイチバンすき」 と言い、
 スパゲティーを食べる時には 「オレはスパゲティーが世界でイチバンすき」 と言う。
 … 将来が心配だ、そう思う反面、
 ちょっと羨ましくもある。


    


 参照 岩波文庫 『イソップ寓話集』 山本光雄 訳 岩波書店
    1974年 9月17日 第30刷改版発行   
    1990年 3月  5日 第56刷発行

    タウンゼント版イソップ寓話集 http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/aesop/reader_Aesop8.html

        「イソップ」の世界 http://aesopus.web.fc2.com/

    Fabulae  http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/cicada/fabulae.html

 

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
塔童 艶之進
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

× CLOSE

Copyright © 砂漠の九官鳥 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]